• 第 42 号


  •   
  • FileName: 42.pdf [preview-online]
    • Abstract: 第 42 号平成 19 年 3 月 30 日青森県教育庁文化財保護課三 内 丸 山 遺 跡 対 策 室〒030−8540 青森市新町2丁目3―1TEL (017)734−9924

Download the ebook

第 42 号
平成 19 年 3 月 30 日
青森県教育庁文化財保護課
三 内 丸 山 遺 跡 対 策 室
〒030−8540 青森市新町2丁目3―1
TEL (017)734−9924
FAX (017)734−8280
三 内 丸 山 遺 跡 展 示 室
〒038−0031 青森市三内字丸山293
TEL (017)781−6078
FAX (017)781−6103
URL:http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/
し 特 し 三 会
た 別 、 内 場 3
。 研 今 丸 に 月
究 年 山 平 17
成 度 遺 成 日
果 の 跡 18 、
報 発 報 年 縄
告 掘 告 度 文
を 調 会 特 時
行 査 を 別 遊
い 報 開 史 館
ま 告 催 跡 を

環 土 ﹃
石 境 三
植 内
川 と
隆 物 丸
二 植 遺
物 山
さ 体 遺
ん 利 に
︵ 用 跡
と 測 よ 性 た い 分 て に ブ 究 種 し か は グ 者 研 教 科 農 弘 の よ 北
定 る 炭 。 析 D 着 ド 、 子 た ら 北 ル と 究 授 学 学 前 解 る の
あ ま 縄
結 年 素 放 を N 目 ウ 特 の 植 出 の ー す 代 ︶ 部 生 大 析 谷
わ 果 代 に 射 し 行 A し 属 に 研 物 土 谷 プ る 表 を 助 命 学 ﹄ 文 出
取 跡 っ 析 プ 際 具 し 根 は の 土 学 の 物 み ﹃ 摘 理 同 他 あ ズ せ
り で た す ン に と た 茎 木 研 し 院 渋 発 残 さ 栽 様 に る が 、
食 た 存
出 も ば る 粒 石 考 り 類 の 究 た 大 谷 展 れ 培 の ニ こ 大 時
し 初 か 試 を 皿 え す を 実 を 石 学 綾 ︱ 三 デ ま が 傾 ワ と き 代
た り み 直 に ら る つ や 行 皿 博 子 と 加 内 し あ 向 ト く と
め 展 ン が
デ て で は 接 残 れ の ぶ ヤ い に 士 氏 工 丸 プ た っ が コ わ な と
ン の 、 日 取 っ て に し マ ま 残 課 ︵ 開 ・ 山 。 た 認 や か っ も
プ 三 本 り て い 使 た ノ し る 程 総 ︱ ン 可 め ヤ た に
試 利 遺 分 り
ン み 内 で 出 い ま わ り イ た デ ︶ 合 ﹄ 能 ら マ ま 可 種
粒 丸 も し る す れ 、 モ 。 ン は 研 用 跡 析 性 れ グ 能 子
で 技 の し
を す 山 始 て デ 。 た 粉 等 石 プ 、 究 か が 、 ワ た 性 サ


遺 ま 分 ン 実 道 に の 皿 ン 出 大 術 植 ら 指 管 も

が イ
















































い て 遺 モ と 13 微
ま 土 跡 今 ・ 、 種 鏡
し 地 北 年 ハ ヤ 類 で
た の 西 度 シ マ の 調
。 使 部 発 バ ノ 形 べ
わ は 掘 ミ イ に た
れ 、 調 の 分 と
方 時 査 デ モ け こ
が 代 を ン ・ ら ろ
違 に 行 プ サ れ 、
っ よ っ ン ト る 12
パネルや出土品を使って、わかりやすく解説しています て っ た で イ こ ∼
検出したデンプン粒(400倍)
(渋谷綾子氏撮影)
さ ま え な れ の 方 住 て 建 で ど れ 類 は
い で 開 て が ま 企 ま が し 居 い 物 し を こ ま の な
。 で 催 み ら で 画 ま 変 か が ま が た 捨 の し 植 い
す 期 た 、 の 展 で 化 し つ し 何 が て 場 た 物 こ
。 間 い こ 調 で す し 、 く た 度 、 る 所 。 が と
ぜ は と の 査 は 。 た な ら 。 も そ 場 は 候 が
ひ 6 思 謎 成 、 の ぜ れ 最 建 の 所 最 補 わ
、 月 い に 果 今 か 土 ま 後 て 後 ︵ 初 と か
ご 24 ま つ を 年 は 地 し に 替 、 捨 、 し り
観 日 す い 紹 度 未 の た は え 掘 て 土 て 、
覧 ︵ 。 て 介 や だ 使 。 竪 ら 立 器 示 27
下 日

考 し こ 謎 い 穴 れ 柱


な さ 種 開 催 中
三内丸山遺跡公式ホームページ http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/ (子供向けのホームページアドレス http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/kids/)

し 史 の を す の に 全 跡

三 た 博 期 、 お
取 世 、

国 の 青
内 。 物 間 2 も
組 界

に 価 森
丸 館 で 月 み 文 情 値 県
り 森
山 に 、 11 に 化 報 と に
縄 県
遺 お 大 日 つ 遺 発 魅 所
文 の
跡 い 阪 か い 産 信 力 在
ま 縄
を て 市 ら て 登 す に す
ほ 文
は 開 の 18 紹 録 る つ る
ろ 遺
じ 催 大 日 介 を と い 縄
ば 跡
め し 阪 ま す 目 と て 文
展 群
、 ま 歴 で ﹂ る 指 ﹂ も 、 遺


長 遺 あ
が 産 お
﹁ も
青 登
録 り
森 縄
県 を
の 策 内 も シ た 学 れ の を 日 示 示 7 要 縄 ら 県 目 文
縄 室 丸 開 ン 初 。 し 、 方 中 、 室 し 0 な 文 出 内 指 ま
文 の 山 催 ポ 日 て 熱 々 心 関 に た 0 遺 時 土 の し ほ
遺 岡 遺 し ジ に い 心 に 西 は 特 点 物 代 し 遺 て ろ
跡 田 跡 、 ウ は ま に が 多 方 、 別 を 、 の た 跡 ︱ ば
テープカットで、いよいよ開催です 群 室 対 三 ム し 見 訪 く 面 連 展 展 約 重 か を 展
、 、
開 ﹂
︵ ︵ ︵ ﹁ 催 ︱
す ト こ す ら 谷 を も こ ウ ス 室 査 整 シ た し ま の
ぐ ウ り 融 。 ? 初 に 遺 現 の の が 遺 ト 岡 官
文 奈 。 て 縄 た 魅 し 縄
そ を と け ︶ 群 跡 し 年 冬 芽 跡 と 田 化 部 良 ョ 続 、 文 、 力 ま 文

こ み 顔 た 姿 夏 生 内 そ よ は に 室 、 庁 長 文 ン く そ は 俳 し 遺
吹 な と
に る を 雪 の に し で う り 雪 は 長 三 記 ︶ 化 で パ れ お 優 た
フ か
き り
内 念

財 は も
価 跡
来 と 覗 の て は で も が 始 早 、 の 水 ネ ぞ の 値 。 群
て 、 か 間 キ け お 北 す 早 少 く ﹁ 3 丸 物 研 、 ル れ し 刈
め ノ ﹂ の
い 春 せ か に て り の 。 く な も 縄 人 山 課 究 岡 デ 講 ろ 谷
て 江 と 世
る の る ら 成 、 、 谷 地 く フ 文 が 遺 文 所 村 ィ 演 い 俊
い 和 題 界
よ 訪 フ ひ 長 立 こ や 上 、 キ 列 パ 跡 化 企 道 ス し ﹂ 介
ま し








し 派
ま な





姿


す ノ








調



画 雄
調 氏








て 文
。 く 、
さ に 文 ホ
も を 縄 満 た つ 成 文 西
せ 春 時 ッ フ 寄 文 員 。 い 果 化 南







し キ せ















と じ 人 ま ノ い に 加 と く 介 い を
で 、 々 す ま 対 者 な や て テ
し 心 も 。 ト し し は っ 語
魅 の ー








ウ た















。 キ ノ ら が い 遺 堂 い 価 の 、
ウ ト く 関 跡 は ま 値 研 縄
三内丸山遺跡の春はすぐそこです キ ウ 縄 シンポジウムの会場は超満員でした 心 や 超 し に 究 文
遺跡のご案内
(4月・5月)
︱ と て ﹁
い っ を 料 ︱ ナ 三
天 な た て 遺 少 は か い 三 冬 ﹃ ー 内
遺跡の開園時間
然 る も い 跡 し 手 ら ま 内 の 冬 。 丸
 9時∼17時 の ほ の ま か ず に わ し 丸 間 の 今 山
冷 ど と す ら つ 入 か た 山 で 間 回 遺
(ただし、4/28
(土)∼
蔵 。 考 。 は 利 れ り 。 遺 も 、 の 跡
5/6
(日) 18時まで)
は、 跡 食
庫 地 え 木 地 用 る ま そ 、 ギ に
み ら の 面 し こ す れ は 食 べ モ 関
中 料
ボランティアガイド定時案内 た の れ 実 に て と 。 は 陸 物 ン す

 1回目は9時15分から
 その後は10時から1時間ごと、









お答えします  さんまるのギモン











き 三内丸山遺跡の貯蔵穴


















最終は16時から の ﹂ 近 そ
あ し っ と ま の し ! な
で た た が せ に 食 食 ﹁ ﹁ 骨 い う 疑
ま ︱ ね ろ が て ︱ て
交通手段 す 食 ﹃ 考 ん は 料 料 縄 植 。 も 、 い ノ う が の な 問
り い
 青森市営バス ね 変 料 貯 え 。 新 で の 文 物 ﹂ と そ た ウ ∼ 見 で と
た に
。 な 蔵 ら 秋 人 は サ つ 、 こ 答
  JR青森駅から「免許セン 化 鮮 す 多
が な れ か ギ ん 冬 ろ の
し ど 穴 れ に な 。 く ど だ も 。 か で え
ター行き」、三内丸山遺跡 を ﹄ ま 蓄 食 う い け し と 動 っ も は る
な 植 し は す
保 が す え 物 か 植 べ し で で れ か 物 て 魚 海 こ
前で下車 い か か
存 見 。 た 性 し 物 て た し は ま を は い を の

い の ょ こ せ 獲 ? 獲 な ?
ら し つ 食 の 、 性 る コ
て か 料 食 冬 の た ? う こ ん っ こ っ ぁ ﹄ ー
、 。
三内丸山遺跡公式ホームページ http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/ (子供向けのホームページアドレス http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/kids/)


Use: 0.2558