• ー 」 の 活動 に 着目 し て


  •   
  • FileName: 22.pdf [preview-online]
    • Abstract: の. マ. チ. 弁. は. 法. 律. を. 知. ら. な. い. が. 故. に. 不. 利. 益. を. 受. け. て. い. る. 国. 民. 自. 分. 自. 身. が. 抱. え. て. い. る. 紛. 争. の. ど. の. 部. 分. に. 法. 律. が. 係. わ. っ. て. く. る. の. か. す. ら. 分. か. ら. な. い. 一. 般. 市. 民. な. ど. の. 紛. 争. 処. 理 ...

Download the ebook

四 三 二 一 序 マ
章 二



章 四







章 四

三 二 一
節 節 節
章 章 チ



協 向

討 ま ん ︹ が ︹ な ︹

体 従 紛 一
ッ 本 本
マ チ 稿 稿

す 働 働 け と だ 例

異 例

さ 例

例 来 争 般 チ の の 事
び が の て 事 な れ に 型 を 的 弁 背 目
望 具 弁 め 例 ︺

っ ︺

た ︺

お 小 処 依 ・ 景 的 ﹁ 務
ま 体 護





け 規 理 頼 マ 協 所
れ 的 士 事 例 る 模 す 者 チ
親 処 親 働





リ 族

理 権
問 一
題 般


像 弁


護 者 に


ー 間





点 事
と 務
点 務

士 ︵ お
ガ 業
そ ル お に 護 そ 所 と と リ け
の コ け 関 権 の 像 は 依 ー る
場 ー る し を 検 頼 ガ
面 デ







討 者
の ル 業
ネ が





期 コ 務
ー 待 ー
タ 年 叔 調 と 展
近 父 停 デ

の く の 申

ミ ィ 開









マ ネ の
ー 一
割 お 述 て の 護 た 自 ネ 異 で タ 形
を い べ こ よ 士 、 立 ー な あ 本 ー
果 て て こ え う だ 支 タ る る 稿 態
当 立 ﹂
た 、 お で て な け 援 4ー リ で 序
す 弁 く 、 み 事 で 事 ﹂ の 場 ー は の
者 の 章
者 護 。 リ る 案 は

に 立

ガ 、 活
を 士 リ ー こ の な ど 場 ル 小 動
導 書 本
指 と ー ガ と い く 型 の か ︶ コ 規 に
す 協 ガ ル と か リ よ ら 稿
の の ー 模 着
。 働 ル コ す な ー

う 、 存 デ 一 の
弁 し コ ー る 5る ガ な 当 目
争 在 3ィ 般 目

護 広 ー デ 。 場 ル 形 ネ 法 的
士 い デ ィ 面 コ 処 で 事 に ー 律 て

が 意 ィ ネ に ー ﹂ 力 者主
着 タ 事
法 味 ネ ー お デ を 導 目 ー 2務
の で ー タ い ィ 当 貸 型 し ︵ 所 麻
専 の タ ー て ネ 事 す の 、 い に
門 紛 ー の な ー 者 こ そ わ お 田
家 争 と 定 の タ の と 紛 の ゆ け
で の は 義 か ー 自 が 争処
リ る る

あ 処 、 に と が 立 で 理 ー パ 弁
り 理 法 つ い 必 支 き ﹂ ガ ラ 護
、 に 律 き う 要 援 る ル リ 士
ー 子
紛 あ 事 、 点 な ﹂ の 当 コ ガ の
争 た 務 簡 に の に か 事 ー ル 協
に る 所 単 つ は 、 、 者 デ と 働
お 役 に に い ど 弁 ま の ィ は 者1
513
立教法学 第 70号(2 0 )
06
故 に の に は わ え 化 こ 自 割 律 が 護 す け
に 、 マ お 私 全 が ば や と ら を 用 、 士 る る
不 チ い は く 国 、 迅 に が 果 語 正 の と 事
マ 、 異 で 紛 速 協 抱 た や し す 実
利 チ 弁 て 一 間
益 弁 事 、 自 章 な 議 争 化 力 え す 手 い に れ に
を 務 ら 一 る 論 当 の す て と 続 コ 立 ば 法
﹂ マ
受 所 が 節 存 の 事 た る い 共 等 ミ ち 、 を
と チ 勤 本 在 対 者 め と る に に ュ リ 適
け 呼 で 弁 、
て 、 務 マ 稿 で 象 の に い 紛 、 関 ニ 法 ー 用
ぶ 事 と の
い が 私 し チ あ と た 存 う 争 紛 す ケ 律 ガ し
務 て の 背 る な め 在 役 に 争 る ー ル て
る 、 が 所 弁 の
国 協 い ミ 景 。 っ に し 割 つ 当 一 シ 素 コ 紛
そ ﹂ る ・ て 存 て を い 事 種 ョ ー 争
民 の 働 と マ ス 人
﹂ を 小 マ い 在 い 担 て 者 の ン で デ 処
マ 呼 チ
チ 目 規 ッ る す る っ 冷 が 通 を あ ィ 理
自 ぶ 弁
分 弁 指 こ

事 チ 弁 、 る の て 静 精 訳 取

ネ に

一 護 い 職 で い に 神 と る ー 向
自 し と 般 務 わ 業 は る 判 的 し こ 紛 タ け
、 て
士 争
身 に 法 所 業 ゆ で な 。 断 動 て と ー 努
が 法 い す 律 と る あ く 弁 す 揺 両 が 当 は 力
抱 る と 事
律 る 事 は パ る 、 護 る や 者 で 紛 す
え 弁 。 依 者
を 務 ラ と ど 士 力 混 の き 争 る
て 知 護 そ 所 頼 リ い ち 業 を 乱 橋 る と 当 こ
い ら 士 し を 者 ー う ら 務 取 を 渡 よ 弁 事 と
る な を て 、 の ガ 点 か の り 沈 し う 護 者 に
紛 い 、 、 本 期 ル 6で と 効 戻 め の 、 士 と 対
争 が 特 そ 稿 待 と 、 言 率 す 、 役 法 と 弁 比
︵ を
弁 の 少 う 己 も う 患 事 直 紛 更 か 助 あ な に い 民 の
民 の 自 し 点 治 し な 取
者 者 接 争 に つ

言 り こ 業 手 る ﹂ ど
法 協 己 異 で 癒 く 状 ︶ ︵ 関 ︵ 、 充

︵ 、 こ 務 を 紛 な の
の 働 治 に 、 能 は 態 が 患 係 病 法 分

投 紛 で 目 貸 争 ど 部
テ 者 癒 し 従 力 、 に 自 者 の 気 的
︶ な ︶ 手
で ま
薬 争 い
︶ ︵ う
的 す 当 の 分
キ ・ 能 て 来 の マ 導 ら 適 お と こ 事 紛 に
ス リ 力 い 型 発 チ く が い の 続 切 を 病 マ し と 者 争 法
の 持 う し 気 チ
ト ー を る の 揮 弁 役 世 原 ︵ な て 、 を 処 律
力 つ ︶ た ︶ 弁
や ガ 高 。 小 を 事 割 間 因 治 面
と い つ 、 理 が
で 自 療 り を と
判 ル め こ 規 信 務 を 話 や 接 る ま 通 に 係
例 コ る の 模 じ 所 も
平 己 や 経 や ︵ す 、 抱 は 。 り 常 関 わ
集 ー た マ 一 な と 担
穏 治 愚 緯 投 問 る 裁 え 、 自 の す っ
な 癒 薬 前 判 た マ
な デ め チ 般 が は っ 生 痴 を ︶ 診 に 立 生 る て
ど ィ の 弁 法 ら 、 て 能 ま 共 や で 当 チ 支 活 手 く
活 力 に 診 、 解 事 医
に ネ 手 事 律 紛 こ い で に つ 察 紛 援 が 助 る
取 ー 助 務 事 争 の る を を も 決 者 者 を で け の
取 充 き ︶ 争 を ︵ に
り タ け 所 務 処 よ 。 聴 え 詳 処 行 き を か
上 ー を で 所 理 う 本 り 分 く を 図 患 対 う る し す
戻 た し 理 ろ 者 比
げ で し 、 の に に 稿 発 こ 時 こ 状 、 ら
す り い ︵ う ︶ す
ら あ て 主 弁 あ 、 に 揮 と 間 と 態 混 分
こ 、 説 病 ︵ に る
れ る い に 護 た 紛 お し に 紛 を 気 を に 乱 か
と 、 明 か 手 対
て 。 る 、 士 っ 争 け よ 争 を 治 術 し 意 、 ま し ら
い の 紛 と て 当 る が 紛 り ︵ け 療 味 一 で 疲 な
行 で
る が 争 い 事 マ で 争 、 病 て ︶ 悪 、 の つ 戻 れ い

事 、 当 え る 者 チ き 当 紛 気 た
行 に い 法 も の す 切 一
件 マ 事 方 と の 弁 る 事 争 ︶
り う 必 部 的 の 重 た っ 般
の チ 者 を い 自 、 よ 者 当 に 。 要 分 な で 大 め て 市

514
マチ弁事務所における業務展開の一形態(麻田恭子)
を 自 は は る と っ 弁 し り ら は は し 望 た 解 律 関 ほ
非 分 っ 相 わ 相 て マ 事 、 、 、 、 、 ろ ん 、 が 事 係 と
難 自 き 手 け 手 、 チ 務 気 自 絶 法 法 少 で 事 分 務 が ん
し 身 り 方 で 方 弁 弁 所 持 分 え 律 律 な い 実 か 所 希 ど
続 を と と は と 護 事 の ち 自 ず と 事 い る を れ の 有 は
け 見 認 の な の 士 務 二 重 の 身 形 い 務 。 よ 整 る 弁 な 、
る 失 識 間 く 法 と 所 節 要 整 の を う 所 感 う 理 と 護 事 法
こ い し で 、 的 接 に な 理 歩 変 レ に 情 な し い 士 例 解
と 、 て 法 問 権 す 駆 一 任 の む え ー 持 を 紛 て う が と 釈
が 紛 は 的 題 利 る け 般 務 手 べ て ル ち 持 争 法 事 扱 い に
多 争 い 権 と 関 の 込 的 な 伝 き い か 込 っ 処 を 例 う え つ
い に な 利 な 係 は ん の い 方 る ら ま て 理 適 が 事 よ い
。 関 い 侵 っ の 初 で 依 で を い ﹂ 用 そ 件 う て
頼 向 。 や れ
挫 係 。 害 て 内 め く あ し 性 そ や た る が す れ の 。 理
折 の 激 が い 容 て る 者 る 自 人 で れ ほ 場 し 論
像 を ん 外 後
感 な し あ る に の 個 。 立 な 間 き ば ど 合 か 的
・ い い る 紛 つ 経 人 支 見 れ に 同 る 、 多 に し に
敗 範 感 の 争 い 験 依 援 失 紛 た な 士 と そ い は 、 興
北 囲 情 か に て で 頼 を っ 争 部 っ の い れ わ 、 実 味
感 に が 否 お 明 あ 者7 行 た の 分 て 間 う だ け 法 際 深
・ ま 自 か い 確 る の う 紛 ま で さ に よ け で 解 に い
屈 で 己 に て に 。 ほ こ 争 っ 動 え 起 う で は 釈 小 事
辱 及 を つ 、 認 ま と と 当 た き も こ な ﹁ な に 規 例
感 ん 支 い 自 識 た ん も 事 だ 回 、 っ 事 当 い つ 模 や
・ で 配 て 己 し 、 ど 、 者 中 り あ た 件 事 し い 一 、
不 相 し さ ま て 自 に マ に に な る 紛 は 者 、 て 般 事
快 手 、 え た い 己 と チ 対 あ が 時 争 む が ま 見 法 実
か 者 理 律 に あ い と る い れ ら あ る 分 事 が し 感
し の の に お 一 る る 大 こ 。 と る る 敵 が 務 、 た ・
、 主 手 照 け 般 。 の き の 依 え 。 ﹂ 異 所 と い 憤
マ 張 段 ら る 的 が く よ え 頼 れ 従 だ な を に と 怒
チ を が し 事 に 、 か う マ 者 ば っ と る 訪 も 望 感
弁 法 裁 て 実 、 三 マ け に チ よ ど て い 相 れ か み な
事 的 判 判 ︵ 弁 節 チ 離 、 弁 り う 、 う 手 る く 、 ど
務 に で 断 主 護 弁 れ 法 事 も な 処 ﹁ 方 の に 自 を
所 整 な し と 士 紛 事 た の 務 、 る 理 敵 ﹂ で も 己 抱
を 理 く 解 し が 争 務 点 適 所 ま の の 意 と あ ﹁ 中 き
訪 し 、 決 て 紛 所 を 用 を さ か 方 ﹂ い る よ 心 、
れ て A を 要 争
を を 含 に
件 処 訪 に と 法 を う 。 く 的 相
る 処 D は 処 訪 め よ れ ﹁ い に 強 感 紛 聴 に 手
一 理 R か 事 理 理 れ た っ
実 す る 敵 う つ く 覚 争 い な を
般 を だ る を る 紛 て を ア い 持 て 絶
的 す っ と ︶ し る 一 争 処 依 や ド て っ は の 欲 り 対
依 る た い を よ 視 般 に 理 頼 っ バ は て も 相 し 、 に
頼 こ と う 整 う 点 的 つ す 者 つ イ 、 い は 手 い 嫉 許
者 と し も 理 と 依 い る が け ス 冷 る や 方 ﹂ 妬 せ
像 に て の し す 頼 て こ 多 る を 静 依 薄 に と に な
が 違 も で 、 る 者 の と い 作 求 に 頼 れ つ か い
、 い 、 あ そ 視 の 処 が の 戦 め 公 者 、 い え ら と
前 は 互 る の 点 実 理 可 が ﹂ て 平 が 自 て て れ
節 な い 。 事 は 像 を 能 実 を 相 の 大 ら は 、 た え
に い の 紛 実 、 な 望 な 情 知 談 観 多 を 、 マ 依 、
述 。 当 争 を 紛 の ん 部 で り に 点 数 害 言 チ 頼 報
べ し 事 処 法 争 で で 分 あ た 訪 か で す い 弁 者 復
515
立教法学 第 70号(2 0 )
06

の の 法 マ 点 あ 知 る 持 ら け 出 を る 戻 で 分 も 視 た
で 紛 を チ を る 以 識 こ ま つ か が し 認 こ る も 自 混 の 点 よ
は 争 定 弁 あ い 上 の と た こ の 重 通 識 と こ 客 身 乱 で は う
な を め と る は の 補 が 、 と 形 要 常 す が と 観 の し は 、 な
か 主 、 の 程 総 よ 充 で 依 も で だ の る 紛 が 的 抱 た な 必 も
ろ 体 紛 話 度 体 う を き 頼 忘 対 と 生 必 争 で に え 当 い 8ず の
う 的 争 し 一 と な 行 る 者 れ 立 は 活 要 を き 捉 る 事 。 し だ
か に 処 合 致 し ス う よ が て す 限 に が 処 る え 紛 者 も と
。 処 理 い さ て テ こ う 、 は る ら 戻 あ 理 よ ら 争 の 、 す
理 に に せ の ッ と に 紛 な 相 な っ ろ す う れ の 感 法 れ
し 着 よ る マ プ も す 争 ら 手 い て う る に る 中 情 に ば
た 手 り こ チ を 必 る 処 な 方 こ い 。 う 手 よ で を 則 、
と す 、 と 弁 踏 要 た 理 い と と く ま え を う 何 整 っ マ
い る 具 が 事 む で め に 。 の を た た で 貸 に が 理 て チ
う よ 体 で 務 こ あ 、 対 関 念 め 、 重 す し 問 す い 弁
満 う 的 き 所 と る 依 す 係 頭 に 紛 要 、 、 題 る れ が
足 に な る ︶ に 。 頼 る 修 に は 争 な と ま に 手 ば 紛
感 す 紛 。 の よ 者 マ 復 、 、 当 意 い た な 伝 そ 争
を れ 争 そ 抱 り に チ を 事 調 事 味 う 、 っ い れ を
得 ば 処 の く 、 対 弁 図 案 停 者 を よ 当 て を だ 処
る 、 理 上 紛 依 し の る に や が 持 う 事 い し け 理
こ 依 目 で 争 頼 て 視 よ よ 裁 混 つ な 者 る 、 で し
と 頼 標 、 処 者 、 点 う っ 判 乱 と 視 が の 当 良 よ
が 者 と 依 理 と 適 を な て の か い 点 平 か 事 い う
で は そ 頼 へ マ 当 理 視 は 結 ら う を 常 を 者 と と
き 自 の 者 の チ な 解 点 9、 果 抜 こ 加 心 多 が い す
る ら 方 と 視 弁 法 す を 何 だ け と え に 少 自 う る
え 理 頼 に は ら っ と 聴 で な を に る 紛 所 者 点 が
な ・ 者 な 、 、 て 面 く 従 き 平 得 係 の 争 は の と で 一
が 峻 が る 裁 の 接 の 来 る 静 る わ か に 努 視 が き 般

ら 別 話 か 判 ﹁ を は 型 の を こ っ を つ 力 点 必 た 人
組 し ら に に
し も 聴 な 弁 小 で 取 と た 充 い を の ず ﹂ ︵
み 、 て で お き し 護 規 四 は り が 結 分 て す 間 し と 法
立 弁 あ か い の
い く 上 う 士 模 節 な 戻 で 果 理 、 る 隙 も
て 護 ろ て 手1 る
1 に 一 い し き と 解 法 必 を 一 え 素
る に 人
直 士 内 う 決 ﹂ 立 限 般 従 だ 、 れ し し 律 要 多 致 る
し 自 。 も め ︶
容 要 な 場 ら 法 来 ろ 再 ば て た の が 少 す 視

て 身 を 熟 手 人 に れ 律 型 う 度 、 一 う 枠 あ で る 点
い の 練 件 と ﹁
頭 事 が あ て 事

か 、 依 定 え 内 る も と と

く 判 の し な 少 る い 務 。 将 頼 の で で と 埋 は 、
。 断 た 実 る 規 ら
中 ﹂ な 弁 た 所

来 者 結 、 い め 限 広

そ を 弁 の い1 護
2 。 の を は 論 事 え え る ら く
の 加 で 護 と は 一 抱
素 い よ 士 し 多

見 、 が 件 た る こ な 法

過 え 士 勝 は か く 据 法 導 当 場 。 と い1 曹
0
程 た 早 で う 敗 う 、 し で 事 え 的 き 事 合 依 に こ が た
に 上 く あ 意 で に 一 、 は 務 て 解 出 者 の 頼 つ と 紛
お で 要 れ 識 あ 思 般 そ 、 所 歩 決 さ 自 問 者 い を え 争
い 、 件 ば が り わ 的 の 依 像 み と れ ら 題 が て 念 る を
て 法 事 あ 先 、 れ に 、 頼 始 同 た が 点 、 、 頭 紛 処
、 的 実 る 行 そ る 当 唯 者 め 時 と 紛 が 自 マ に 争 理
当 武 ご ほ す の 。 事 一 か る に い 争 ど 分 チ 、 処 す
事 装 と ど る た な 者 依 ら こ 精 う の こ 自 弁 そ 理 る
者 を に 、 こ め ぜ に 頼 話 と 神 確 処 に 身 事 の の こ
の 加 整 依 と に な と 者 を が 的 信 理 あ の 務 両 視 と
516
マチ弁事務所における業務展開の一形態(麻田恭子)
を 二 と ん た 法 め だ な 体 の は め る か 話
回 弁 だ が の 、 く な を な

目 え 護 り っ 枠 裁

な ど ど 許 ら 相 、 に こ な っ あ ち
要 と ど て


本 を
に 以 た 士 す て 内 判 重 い 、 う せ 、 手 件 が と い あ ょ
っ 断
依 降 事 は る 、 で と 要 。 要 し な ま 方 事 多 、 る 、 と し
頼 の 実 、 こ 当 問 な と 弁 件 て い ず の 実 い 弁 か そ 待 て
者 面 を 依 と 事 題 っ 護 事 く の は 態 は 。 護 ら ん 、
が 接 峻 頼 が 者 に
た え 士 実 れ は 相 度 重 勿 士 ﹂ な っ
の 別 者 で の

場 は 以 る 、 手 が 要 論 の こ て
持 る る 私 悪 と 、
ち 際 し と き 感 事 合 よ 多 外 ﹂ に で 、 価
に 、 の な 情 の く の の こ い あ 裁 値 は 今
込 実 う メ 、 ど の
ん は 聴 初 い を だ 法 な の 部 れ る 判 判
、 き 回 の 受 的 事 分 ン ま 相 が に 断 う 部
だ け 思 ツ 手 で 分
紛 弁 取 面 が け を 主 件 に で 、 勝 を
護 り 接 現 止 張 を 重 を の の 当 つ 交 も を
争 、 回 潰 言 い も
が 士 メ の 状 め に 抱 要 非 事 こ え
が モ 際 の た 拾 路
必 え な さ 礼 い 者 と た い う
整 い が れ 分 か 一
理 作 を 、 よ り 要 て 問 を 自 は 話
成 作 弁 う 、 上 で
な い 題 た 詫 を 身 必 の ら 度
さ げ き こ 少 、 説
れ し 成 護 で 心 事 る 点 び の 要 聴
た す 士 あ の よ あ
実 上 が と さ し で き そ 明
、 う が だ は ん し
聴 る 自 る 問 だ に あ せ え あ 方
要 き 。 身 。 題 と っ
け 、 る 。 て 聴 て り が な て
件 取 そ が に す て
を 要 こ 私 欲 け い 、 進 こ ﹂
事 り し 重 踏 る ︵ い 件 と の し と る そ め と
実 メ て 要 み 。 実 る 事 が 世 い 言 紛 の ら は
﹂ モ 、 だ 込 し 体 た 実 少 間 ﹂ う 争 た れ 分
介 ど ッ に と に や で 事 理 弁 レ あ 落 思 ま に
し の チ 期 さ に 戻 不 あ 務 さ 護 ー り と っ り 則
、 よ が 待 て な る 安 れ 所 れ 士 ル 法 さ て 、 っ
う 存 す 、 り こ を ば に て が に 律 れ い 依 た
か な 在 る こ か と 抱 、 お し ﹁ 乗 的 た た 頼 紛
な 形 す 事 の ね の き た い ま 処 せ に 状 事 者 争
検 で る 柄 よ な で 、 と て う13理 ら 意 態 実 が 処
討 現 の と う い き 気 え そ 可 す れ 味 に は 不 理
を れ


Use: 0.3717